海外旅行を120%楽しめる空港での過ごし方

こんにちは。快適な生き方を求める人に送る社長人体実験型ライフスタイルメディア「イチオシ」の本田です。

いつもお読み頂きありがとうございます。週初め、皆さんのお仕事や健康のお役に立てればと毎週月曜日の8:00に更新をしています。

このメディアでは、主に私本田が実際に体験してきた様々なライフスタイルを皆さんに知って頂き、普段人がやらないことや、迷っているものを私の体験から気づきや、快適な生き方を送るためのきっかけになって頂けたらと考えています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2020年に入ってからコロナによって海外へ行けなくなっているのですが、コロナが落ち着いたら再び海外へ行く方も増えると思います。その時に海外をより楽しめるように私が行っているハック術をお伝えしたいと思います。

海外へ行くと初めて見るものや食べるものなども多く、ショッピングに観光にグルメなど様々な楽しみがあります。そしてギリギリまで満喫して空港へ行く方も多いと思うのですが、実はそれがもったいなかったりもします。海外では空港も満喫してこそ120%楽しめます。そして、帰国する時の体調までも考えることが最後まで楽しむコツです。

空港には2時間から2時間半前に行くこと!

空港にギリギリに入る方もいるのですが、最低2時間、2時間半前に行くほうが空港も満喫できます。空港なんてお土産買うくらいじゃないの?と思う方もいると思うのですが、国際空港はかなり広くて1日あっても足りないくらいの広さがあります。仁川やシンガポールのチャンギ国際空港なども広くて非常に楽しい空港です。

空港に着いたら先に食事を済ませ、空港内を散歩すること!

私は、寝かせ玄米を乗る前に3つほど食べるのですが、寝かせ玄米を常備していると言うそんなマニアックな人はいません。なので、空港のレストランで着いたらすぐに美味しい好きなご飯を食べればいいと思います。国際空港には様々なレストランが入っているので、美味しいご飯を食べることもできます。

※寝かせ玄米は炊いてから4日間熟成させる玄米ごはんで、柔らかくて、もちもちで甘さもあって美味しい玄米ご飯のことです。

そして、食べたら歯磨きをしっかりして、1時間くらい散歩したらいいです。そして、飛行機に乗ったタイミングでCAさんに食事はいらないと言っておくことで機内では手間を省くこともでき、リラックスして帰国することができます。

空港散歩は楽しい!

チャンギ空港HPから

空港には様々なお店があり中には動物園のようなアトラクションがある空港もあります。空港散歩を1時間ほどすることで血糖値スパイクも防げて、歩いて体温も上がるので、飛行機に乗る時には眠くなります。チャンギ空港を例に挙げると、滝があったり庭園、ジム、映画を見ることができたりと1日中楽しめます。

詳しくはこちらをご覧ください。

空港も旅の一部として楽しんでこそ120%海外の旅を満喫できる!

海外の空港は日本には無い物がたくさんあり、日本での当たり前を壊してくれる発見も得られます。日本では体験できない、世界中の様々な空港内を楽しむことも旅の醍醐味でもあり、海外をさらに楽しむことができるのではないでしょうか?海外へ行った際には空港もぜひ満喫してみてください。

The following two tabs change content below.
K.Honda

K.Honda

1979年 和歌山県生まれの40歳、B型。銀座 / 大阪にオフィスを持つPR会社、株式会社Enjinの代表をしています。20代後半からありとあらゆる健康情報やライフハックを収集し、多少のことはお金を使って人体実験をしてきました。ひょっとしたらこうしたことに興味のある皆さんのお役に立てるのではと思い、このオウンドメディアを立ち上げ私の実体験を発信することにしました。

関連記事一覧