• HOME
  • ブログ
  • OTHER
  • ハンディ扇風機はもう古い!体を直接冷やす理にかなったネッククーラーNEOの凄い効果とは?

ハンディ扇風機はもう古い!体を直接冷やす理にかなったネッククーラーNEOの凄い効果とは?

こんにちは。快適な生き方を求める人に送る社長人体実験型ライフスタイルメディア「イチオシ」の本田です。

いつもお読み頂きありがとうございます。週初め、皆さんのお仕事の参考になればと毎週月曜日の8:00に更新をしています。

このメディアでは、主に私本田が実際に体験してきた様々なライフスタイルを皆さんに知って頂き、普段人がやらないことや、迷っているものを私の体験から気づきや、快適な生き方を送るためのきっかけになって頂けたらと考えています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今年の夏も猛暑となり40度を超える地域や、体温と同じくらいの気温で熱中症で病院に運ばれる方も増えています。東京都23区では8月24日までで8月の熱中症の死者数は170人となり、過去最高を記録しています(東京新聞)

このような暑さから、ハンディー扇風機や、暑さ対策のグッズは数多く販売されているのですが、その中でも効果的なグッズを発見しました。それが、ネッククーラーNEOです。この記事では、私本田が実際に購入して実験してみたネッククーラーNEOの良さを解説したいと思います。

最初はハンディ扇風機を使っていたけど…

2019年に大流行したハンディ扇風機は今では使っている人をよく見かけますが、私も実際に使用してみると、生温い風が出て疲れてきます。良いと思ってやっていたが風を浴び続けると疲れて、風が不快に感じてきてやめました。また、コロナ禍にある中、風で飛沫を飛ばしてしまう恐れもあり、周りの人への影響も考えて使うことは一切なくなりました。しかし、暑さ対策はなんとかしたいので、何か良い物がないかと思って探していたら、体を冷やす物(ネッククーラーNEO)を見つけ、良いのではないかと実験のため使ってみたら実際に冷たくて効果がありました。

ネッククーラーNEOとは?

ネッククーラーNEOは、扇風機ではなく首に直接かけるクーラーで、5980円くらいで販売されています。このクーラーは、風を送って体を冷やすのではなく、首にかけることで体を直接冷やしてくれます。風を送ることがないので、コロナ禍でも周りを気にすることなく安心して体を冷やし、熱中症対策ができます。

ネッククーラーNEOの理にかなった仕組み

ネッククーラーは首にかけるエアコンみたいな物です。首にある静脈や頸動脈、などの太い血管を冷やし、体全体を冷やすという扇風機とは全く違ったもので、小型冷蔵庫の冷却装置と同じ機能を搭載したウエェアラブルツールとなります。150gほどなので軽量で手に持つこともなく利用できます。また、USB電源のためモバイルバッテリーでいつでも充電できるので、持ち運びでいつでも冷却が可能です。

ネッククーラーNEOを実際に使用してみた感想

実際に利用してみると、体は冷えます。冷えピタなども熱中症対策で使われると思いますが、冷えピタよりも良いです。冷えピタは3秒くらいで冷たさを感じなくなってくるのですが、ネッククーラー NEOは、冷えピタを貼った時に冷たい!と感じるた後にやや冷たいと感じる状態がずっと続きます。冷却効果が持続して続き、暑さ対策には抜群に良いと実感してからずっと利用しています。

ネッククーラーNEOをなぜ見つけたのか?

1番の理由は、外で不快な思いをしたくないからです。私は、常に快適に過ごしていきたいと考えているので、様々なツールを試しています。いつも、一定の予算を決めて、よくわからない、ひょっとしたら良いのではないかという様々なものを買ってみています。8割くらいは外れてしまいますが、2割は良いものを見つけることができます。そして見つけた2割のヒットは周りに勧めています。

ネッククーラーNEOはこんな人にオススメです!

実際に使用していますが、本当に熱中症対策になります。私はゴルフへ行くときにも使っていますが暑さ対策になっています。5980円から売っているので買える人は買った方が良いです。夏場の外は本当に命の危険を感じるので、外で仕事する人には本当にオススメです。また、バーベキューやアウトドア、山登りの時でも使えます、日中にランニングやウォーキングする人、お年寄りにもオススメできます。

熱中症は40代以上、80代、90代の方が一番命を落としています。外での活動があまりない人でも、恋人や、両親、外で仕事をする友人などにプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※記事の内容は、本田個人の実体験、思考に基づくものであり、絶対の情報ではありません。また、この記事は本田自らの人体実験に基づく経験談をスタッフが執筆したものになります。

本田の知識や体験してきたことを発信することで、周りの方が良い情報に触れることができ、そして実際に体験して頂くことによって「知識」から自分の「体験」にして頂き、良い人生につなげて頂きたいという思いで執筆に至っております。

The following two tabs change content below.
K.Honda

K.Honda

1979年 和歌山県生まれの40歳、B型。銀座 / 大阪にオフィスを持つPR会社、株式会社Enjinの代表をしています。20代後半からありとあらゆる健康情報やライフハックを収集し、多少のことはお金を使って人体実験をしてきました。ひょっとしたらこうしたことに興味のある皆さんのお役に立てるのではと思い、このオウンドメディアを立ち上げ私の実体験を発信することにしました。

関連記事一覧