「超音波歯ブラシ」を10年近く使ってきた実体験から伝えるオーラルケアで予防歯科!

こんにちは。快適な生き方を求める人に送る社長人体実験型ライフスタイルメディア「イチオシ」の本田です。

いつもお読み頂きありがとうございます。週初め、皆さんのお仕事の参考になればと毎週月曜日の8:00に更新をしています。

このメディアでは、主に私本田が実際に体験してきた様々なライフスタイルを皆さんに知って頂き、普段人がやらないことや、迷っているものを私の体験から気づきや、快適な生き方を送るためのきっかけになって頂けたらと考えています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

皆さんは「歯」についてはどのように考えているでしょうか?日本人は比較的「予防歯科」という観点がなく歯医者は痛くなったら行く!と考えている人が多いように感じます。欧米では「歯の治療」はものすごく大切にされていて、予防歯科にお金をかけています。最近では日本でもようやく「予防歯科」を叫ばれるようになってきましたが、私はオーラルケアをもう10年近くやっています。

そこで、今回は私の実体験からお伝えする「オーラルケア」についてお伝えしたいと思います。

歯間ブラシ」と「糸ようじ」の必要性

オーラルケアを考えた時に、通常の歯磨きではどうしても歯の隙間まではケアできない場合が多い。歯並びはスキッパなど人それぞれ違いますが、私は歯の隙間が詰まっているので、しっかり取るために先に小林製薬の糸ようじを使っています。糸ようじを使い隙間の食べカスなどをとってから歯間ブラシをして超音波ブラシで磨きます。その後、フッ素コート剤を使います。

歯のフッ素コートとは?

表面を酸に溶けにくい状態に修復してくれ、虫歯菌、歯周病菌などの細菌から歯を守ってくれます。歯の表面が酸などで溶けてしまうと、虫歯菌や歯周病菌などの細菌が侵食しやすくなります。しかし、フッ素でガードの固い強い歯をつくることで、虫歯や歯周病などの菌にやられないように守ってくれる

EPARKから引用

歯石は48時間以内にできてしまう

歯石が歯にたまると歯周病を発症してしまいます。歯石は、プラーク(歯垢)が食後8時間後にできて、その歯垢が48時間で歯石となってしまいます。なので、私は、朝、昼は糸ようじ、歯間ブラシ、超音波歯ブラシを利用し、夜にフッ素コートをしています。基本は寝る前にフッ素コートをして忘れた時は朝には必ずするようにしています。

超音波ブラシっていいの?

私はメーカーの一番高い超音波歯ブラシを使用しています。一度実験してみようと思い、フィリップスの一番高いものと、一番安いものを買って試してみましたたが効果は特に変わらなかったような気がします。それでも私は高いものを使っています。メーカーからすれば良いカモだと思いますが(笑)

高いのを買ってみるとパッケージもいいし、グラスのようなものも付いてあって充電ができるようになっています。見栄えも高級感があるのがやはり高い方です。安いのを買っても高い方がいいのかな?と思って、これからもいいカモですが(笑)私は高いのを買い続けます。

「超音波歯ブラシ」を使う理由

歯医者で歯磨きチェックをしたときに、超音波歯ブラシの方が圧倒的に効率がいいです。通常の歯磨きと全然違います。歯に当てるだけでいので1分で効果を実感できます。

私はセルフケア以外に、3ヶ月に一回オーラルケアで歯医者へ行きますが歯石もないし全く問題ありません。元々、歯医者へ行くと何回も行かないといけないですし、病院関連は待ち時間があり面倒を感じます。銀座に自費の歯医者があって、1回行ってみたときに超音波歯ブラシがいいと言われ、知り合いの歯科医師に聞いても超音波歯ブラシはいいと言っていて、専門家2人がいいというので使うようにしています。

予防歯科は誰も教えてくれないからこそ自分で意識することが大切

超音波歯ブラシは30歳くらいからでオーラルケアを意識し出しました。基本歯の予防は誰も教えてくれないから、自分で色々試しながらやってきました。その結果が、糸ようじ、歯間ブラシ、超音波歯ブラシ、フッ素コートでセルフケアをして十分に効果を実感できています。また、半年に一回歯周病チェックもしています。

日本では主に保険診療が基本のため、自費でもある予防歯科はまだまだ一部の人しか真剣にやっていないように感じます。私は、歯は予防歯科の方が大切だと思っています。病気も一緒でならないように備えることの方が大切です。歯も同じように虫歯になって歯を失わないように今から意識してケアしていくことがとても大切ではないでしょうか?

この意識は、人生においてもとても大切なことではないか?と私は考えています。何か起こった時に備えておくこと。今回のコロナ騒動でマスクが無くなってしまったということも国も含め何かあったときの為に備蓄をしていないからパニックになってしまうのではないかと感じています。予防の為に今から備える意識は健康も人生でも同じではないでしょうか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※記事の内容は、本田個人の実体験、思考に基づくものであり、絶対の情報ではありません。また、この記事は本田自らの人体実験に基づく経験談をスタッフが執筆したものになります。

本田の知識や体験してきたことを発信することで、周りの方が良い情報に触れることができ、そして実際に体験して頂くことによって「知識」から自分の「体験」にして頂き、良い人生につなげて頂きたいという思いで執筆に至っております。

The following two tabs change content below.
K.Honda

K.Honda

1979年 和歌山県生まれの40歳、B型。銀座 / 大阪にオフィスを持つPR会社、株式会社Enjinの代表をしています。20代後半からありとあらゆる健康情報やライフハックを収集し、多少のことはお金を使って人体実験をしてきました。ひょっとしたらこうしたことに興味のある皆さんのお役に立てるのではと思い、このオウンドメディアを立ち上げ私の実体験を発信することにしました。

関連記事一覧