• HOME
  • ブログ
  • MIND , MONEY
  • 「お金に好かれる生き方」とは?「欲望」で使うお金を排除し「必要」なお金を増やすこと

「お金に好かれる生き方」とは?「欲望」で使うお金を排除し「必要」なお金を増やすこと

こんにちは。快適な生き方を求める人に送る社長人体実験型ライフスタイルメディア「イチオシ」の本田です。

いつもお読み頂きありがとうございます。週初め、皆さんのお仕事の参考になればと毎月第2、第4月曜日AM8:00に更新をしています。

このメディアでは、主に私本田が実際に体験してきた様々なライフスタイルを皆さんに知って頂き、普段人がやらないことや、迷っているものを私の体験から気づきや、快適な生き方を送るためのきっかけになって頂けたらと考えています。

※商品やサービスを紹介するのではなくあくまで個人的な感想になります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お金に対して皆さんはどのように考えているでしょうか?お金がないと生活できない。お金持ちになりたい。お金がもっと欲しい。もっと豊かで自由な暮らしができたら…と考えている人も多いように感じます。お金が欲しい!と思っていても世の中ではお金に好かれる人、お金に嫌われる人が存在します。では、お金に好かれる人の考え方とはどういった考え方でしょうか?

この記事では、「お金とは何か?」また、「お金に好かれる生き方」とはどういった生き方なのかという私が思う考え方をお伝えしたいと思います。

お金は影響力のひとつ

社会に役に立つ人間になっていく為には、影響力が高い方が人にしてあげられることが増える。親孝行するにしてもお金は影響力の一つでもあるのであった方がいい。

そのように考えているので私はお金というものに真正面から向き合っています。

お金の正体とは?

お金はあくまで人生を豊かにするためのツールです。

だからこそ必要なものには使うが欲望のためには使わない。自分が快適だと感じるもの、人を喜ばす、支援するなどに使うことで豊かな人生になります。

私は、新卒の頃はどうやったらもっと稼げるか?を考えていました。自分が目指す人生にはもっとお金が必要だと思いどうすればお金を稼げるか?を考えていました。それは自分が目指す人生にはお金が必要だと感じていたから稼ぎたい!と思ったのです。

一般的なお金の価値観との違いとは?

お金の価値観は人によって様々でしょうが、お金に好かれる価値観とは何かと考えた時に、私の場合は、「必要」か「欲望」で使うお金を考えています。

多くの人はお金を人生の中心に考えています。だからお金に振り回される人が多いのではないでしょうか?お金は所詮ツールであり、人生を豊かにするために必要な物でしかありません。

大切なことは自分の人生のはずですが、お金が何より大切と考えお金のために苦しむ人が多いように思います。

心が貧しくお金に好かれない人は欲望に支配されている

最近ではSNSの浸透もあり、個人がたやすく情報発信ができるようになりました。その為、自分は金持ちだ!と高価な物自慢をする人も一部います。私自身はそのようなものはなんとも思いませんし、見ても反応もしません。羨ましいと感じたこともないのですが、世の中には一定数そのような人に憧れを持ってしまう人もいます。

お金に人生を振り回される人はお金=欲望を満たすもの」と考えているように感じます。

自称お金持ちとのエピソード

自称お金持ちでマウンティングをしてくる人がいました。その人に私はこのように言いました。

「あなたが持っているお金の半分を僕にください。半分お金をくれなかったら、あなたは2つのうちのどちらかでしょう。一つは、あなたはケチだ。もうひとつは、あなたは本当はお金を持っていないのではないか?」と言いました。そうするとその自称お金持ちはそそくさといなくなりました。

多くの人はそのような人がいると妬み、反応する人が多いように感じます。それは結局は「お金に振り回されている」のではないでしょうか?

私は、お金に振り回されている人がいることを不思議に感じます。

謎の欲望のお金に執着していませんか?

自分が快適な暮らしをするために、親孝行するために、自分の大切な人に食事をご馳走したり、情報提供や教育支援したりするために、家族がいる人だったら家族を守っていくために、子供がいる人なら子供により良い環境を提供するためにお金が必要です。そして、そういったお金は必ず入ってきます。

しかし、逆に多くの人は欲望のためにお金を欲しいと考え、欲望で使ったお金でマウンティングしています。そういう思考だと永遠に気持ちは満たされることははないのでしょうか?

例えば、ランボルギーニ、リンカーンなどのいい車自慢のマウンティングをするのもキリがないし、それは必要ではないランボルギーニだと思います。謎のお金教の人たちは謎のお金教のマウンティングの山から脱却していかないとずっと心が貧乏なままだと感じています。

成功する人と失敗する人の違い。

お金教の人たちは長く成功できないと思います。その理由は必要ではなく欲望でお金を欲し、使っているからです。15年経営者をやってきて思うのは、長く経済的にも豊かな人はお金教の人ではないと感じます。

自分が正しいことをしているかどうかが全て!

自分が正しいことをしていることが大事で、それを認識すること。つまり、自分はどんな生き方をしていきたいのか?人生で何が必要なのかを明確にすることが大切だと思います。そのために客観的にお金教の人たちを知る必要があると考えてます。

お金に好かれる考え方とは?

必要なお金を強く思えば必要なお金は入ってくると思います。欲望のためではなく、必要なことを増やせばお金は入ってくる。自分にとって今必要なお金を考え、そこから欲望で使うお金を排除すること。

欲望と必要は何か?を知り、欲望なお金、必要なお金を書き出してみること。本当に自分の未来にとって必要なのかをそこで客観視することができるでしょう。

欲望で得ようとするお金は入ってこない

今一番多いお金の欲望は承認欲ではないでしょうか?お金はただのツールですが他の人より自分が素晴らしい!と見せる為の欲望でお金を欲しいと考えている人が多いように感じますが、そのようなお金は増えないですし、入ってこなくなります。

宝くじが当たったや、仮想通貨で一山当てたなどもあるのでゼロではないですが、ほとんどのケースでは当てはまらない。

自分の人生にとって必要なことを増やすこと。私は、必要なお金を増やせばそのお金は入ってくると信じています。その考えが私のお金に対する考え方です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※記事の内容は、本田個人の実体験、思考に基づくものであり、絶対の情報ではありません。また、この記事は本田自らの人体実験に基づく経験談をスタッフが執筆したものになります。

本田の知識や体験してきたことを発信することで、周りの方が良い情報に触れることができ、そして実際に体験して頂くことによって「知識」から自分の「体験」にして頂き、良い人生につなげて頂きたいという思いで執筆に至っております。

The following two tabs change content below.
K.Honda

K.Honda

銀座にオフィスを持つPR会社の代表をしています。20代後半からありとあらゆる健康情報やライフハックを収集し、多少のことはお金を使って人体実験をしてきました。ひょっとしたらこうしたことに興味のある皆さんのお役に立てるのではと思い、このオウンドメディアを立ち上げ私の実体験を発信することにしました。

関連記事一覧