• HOME
  • ブログ
  • HEALTH
  • 眼内コンタクトレンズの「ICL」って何?実際に手術を経験した人が伝えるメリット・デメリットとは?

眼内コンタクトレンズの「ICL」って何?実際に手術を経験した人が伝えるメリット・デメリットとは?

こんにちは。快適な生き方を求める人に送る社長人体実験型ライフスタイルメディア「イチオシ」の本田です。

いつもお読み頂きありがとうございます。週初め、皆さんのお仕事の参考になればと毎週月曜日の8:00に更新をしています。

このメディアでは、主に私本田が実際に体験してきた様々なライフスタイルを皆さんに知って頂き、普段人がやらないことや、迷っているものを私の体験から気づきや、快適な生き方を送るためのきっかけになって頂けたらと考えています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回のテーマは「ICL」です。

皆さんICLというのはご存知でしょうか?

初めて聞いた!という方も多いかもしれませんが、ICLとは簡単にいうと、眼内コンタクトレンズのことです。

どんな治療なのかというと、

「ICLとは?」

眼内コンタクトレンズ=ICL(Implantable Collamer Lens)は、レーシック(LASIK:laser in situ keratomileusis)が最初に報告された1990年より以前の1980年代に開発が行われた、実は歴史のある手術法です。国内では当センター長の清水が1997年に初めて導入し、2002年の臨床治験を経て2010年に厚生労働省の承認をうけました。しかし、従来のICLは房水循環(目の中の水の流れ)が悪くなることから、約1~2%白内障が進行するというリスクがありました。この合併症をなくすべく清水は、レンズの中央に極小の穴をあけたHole ICL(ICL KS-AquaPORT)を考案・開発し、2007年に世界で最初の移植を行いました。その後、このHole ICLは房水循環が改善されたことから白内障のリスクが低下し、現在世界70か国以上で承認され世界的スタンダードとなっています。

メリットは、術後の結果に不満や合併症があれば、レンズを取り出し元の状態に戻すことができること、幅広い度数に対応できることです。レーシックでは、近視度数が強い場合、角膜をたくさん削る必要があり、手術の難易度が高くなります。その結果、術後誤差が大きくなり、近視が再発したり、ドライアイの原因になったりすることがありました。また、一度削った角膜は元にもどすことはできません。ICLは度数が強くても軽くても、一枚のレンズを目に入れる同じ手術方法のため、難易度に差が生じることはありません。また、将来白内障になっても従来同様の白内障手術を行うことができます。

(山王病院アイセンターホームぺージより)

おそらくまだ広く知られてなく、レーシック手術の方が知られていると思いますが、なぜ私がICLを知り、その手術を受けたのか?という体験談をお伝えしていきたいと思います。

徐々に目が悪くなりあらゆるアイウェアなどを試してきた

私は高校時代から目が悪くなり始め、0.3くらいの視力でした。そこから20年ほどメガネやコンタクトだったのですが、その時にも、どんなメガネやコンタクトが自分に合うのか?メガネは20個以上試し、コンタクトはソフト、ハードなどあらゆるコンタクトを試してきました。

しかし、なかなか自分にしっくりくるものがなく、コンタクトはゴミが入ってしまったり、ハードコンタクトのゴロゴロ感、外さないといけないなどの煩わしさを感じ、視力がよくなる手段がないかを探し続けていました。

視力が回復する!と言われるオルソケラトロジーを試してわかった事

今から3年前の2016年にオルソケラトロジーという治療法を試してみることにしました。

「オルソケラトロジーとは?」

今までのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装用し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。

回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良く見えるようになります。

また、日中装用のコンタクトレンズと比べても、夜間の装用なのでほこり等が目に入ったりせず、レンズを紛失する心配も減るなど、安全・快適に使うことが出き、リスクは一般のコンタクトレンズと同等またはそれ以下となるというような説明を街のクリニックから受け、これはいい!と思い12万円くらいかけてやってみました。

どんなものかと言うと、寝る時にハードコンタクトみたいなレンズをはめて寝ます。

起きたら、めっちゃ見えるんちゃうん!と思っていたのですが…実際は、10日に1回くらいは寝ている間にどちらかの目がずれている。

両方ともうまく矯正できない時が1,2週間に1回あります。ガチャ目状態になり、しんどい思いをし、寝ている間に目を擦って無くなってしまうことも2回くらいありました。ガチャ目の時に、凄まじい充血をしている。

分厚いハードコンタクトレンズを入れるので、目に違和感があり、煩わしさを感じる状態が続き、言っていることと違うやーん!と感じ、使い始めて2ヶ月くらいで捨てました(笑)

これが合う人も、もちろんいらっしゃると思いますが、私には合いませんでした。

レーシック手術でもいいやん!とツッこむ方もいるかもしれませんが、レーシック手術は角膜を削るというリスクを負います。なので、私はやりたいとは一切感じませんでした。そこで諦める人もいるのですが、私はそれでも、何か良いものはないか?と、アンテナを張っていました。

ICLとの偶然の出会い

ある日、風邪をひいてしまい、赤坂にある病院の耳鼻科で、薬を処方してもらっている時に、隣が眼科だったのですが、そこでたまたまICLを説明するポスターが目に止まりました。

それまでICLと言うものは全く聞いたこともありませんでしたが、ポスターをみた瞬間にピン!ときました。そのポスターをみたその場で、すぐ眼科の受付の方に「今この手術してもらえませんか?」とお願いしました。さすがに「は?」という反応をされましたが、

きちんと手術に適応できる目なのかを検査してもらい、飛び込みで眼科に行ったその日から1ヶ月以内には手術を受けたように記憶しています。

この話をすると、「よくそんなすぐに決断できますね!」、「目の手術ですよ⁉️」等言われます。ただ何を隠そう、山王病院のICLの手術費用は70万円です。直感で決断できない人もいるかもしれませんが、私は20年以上目をよくしたい!とアンテナを張り続けてきました。

そのアンテナがICLに出会わせてくれたのです。

アンテナを張っていなければポスターに目が行くことなんてなかったでしょう。しかも、ICLの手術をしてくれる先生は、ICLの第一人者であり、ICLでは有名な大きな病院と言うことから直感で大丈夫だ!と決断し、すぐに手術を決めることの後押しにもなりました。

価格だけで見れば、55万円程度のクリニックもあったのですが、前回のオルソケラトロジーは町のクリニックで失敗した経験から15万円ほどをケチらずに70万円をかけてでも、大きな病院で権威ある人にお願いすることに決めました。

これは、オルソケラトロジーでの失敗をしていなければ、もしかしたら55万で受けて失敗を感じていたかもしれません。

今では最適な選択をできたと思いますが、この失敗の経験がなければ、第一人者である先生に出会うことも無かったかもしれません。

すぐにICLの手術へ

実際に手術日が決まり、手術を行いました。

私のイメージでは、よくドラマなどである、麻酔して運ばれていくのを予想したのですが、なんと、歩いて手術室まで移動。

歩くんかーい!と心の中でツッこむ余裕すらありました(笑)しかも、手術は30分くらいで、切開しているのがわかるというライブ感も一緒に体験できました(笑)

術後に目薬のような薬を目にさして、2時間ほどで帰宅でき、めちゃ早いけどホンマにこれ大丈夫?70万も払ったんやけど。。。と思いましたが、術後すぐに、0.1から0.5,6まで回復しました。

最初はぼんやりしていたのが、徐々に見えはじめ1,2週間経った頃には、手術をしたのも忘れるくらいに回復しました。今では全く問題なく見えるようになっています。

さらになぜかサプライズが。先生がついでに乱視も治しておいたよ!とのこと。本来は乱視も手術が必要のはずですがICLの手術でついでに治してくれたそうで、あぁ自分の直感にしたがってよかったと思った瞬間でした(笑)

実は、ICLの手術はボクサーも受けているようで、その信頼性にますますやってよかった!と実感しています。

ICL手術を行なった本人が伝えるICL手術のメリット・デメリットとは?

ICLのデメリットは価格が高いというところではありますが、コンタクトは年間6万ほどかかり、角膜が傷付いたり、毎回外したりしないといけない煩わしさ、ホコリなどに気をつけないといけなかったりしますよね。

コンタクトは10年使えば60万かかるが、ICLは1回でずっと使えます。

ICLは、外せば元の目に戻せると言うメリットもあります。ICLの見え方はとてもクリアに見え、手術したことを忘れるくらい、生まれた時から裸眼で、今までメガネやコンタクトをしていたことも忘れてしまうくらいの効果を実感できています。

ICLを迷っている人へのメッセージ

金銭的に問題がなければ是非やったほうがいい!

私は、今までオススメして3名の友人に先生をご紹介し、手術をされていましたが、皆さん大絶賛されています。

コンタクトをつけ続けることの目へのダメージがなくなり、煩わしさもなくなります。つまり、毎日生活する上でのストレスがなくなる。自分の目に対して感謝ができる。

自分の体を大切にできるのは自分だけしかいません。なので、このような最新技術で自分の体に対して労ること。日常でのストレスをなくすことが、ストレス負荷の社会において、自分により自信を持ちながら生きることへと繋がってくるのではないか?と考えています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※記事の内容は、本田個人の実体験、思考に基づくものであり、もちろん絶対の情報ではありません。また、この記事は本田の人体実験に基づく経験談をスタッフが執筆したものです。

本田の知識や人体実験してきたことを発信することで、周りの方がいい情報に触れることができ、そして体験して頂くことによって自分のものにして頂き、いい人生につなげて頂きたいという思いで執筆に至っております。

The following two tabs change content below.
K.Honda

K.Honda

1979年 和歌山県生まれの40歳、B型。銀座 / 大阪にオフィスを持つPR会社、株式会社Enjinの代表をしています。20代後半からありとあらゆる健康情報やライフハックを収集し、多少のことはお金を使って人体実験をしてきました。ひょっとしたらこうしたことに興味のある皆さんのお役に立てるのではと思い、このオウンドメディアを立ち上げ私の実体験を発信することにしました。

関連記事一覧